関市議会議員 川合治義つれづれのブログpart3

毎日更新中!地域の身近な議員として市民の思いと声なき声を市政に直言。活動報告、日常生活等を記します。TIKTOK等のSNSでも情報発信。関市学校規模適正化計画(案)にも言及。富野小・中学校の消滅危機に地域最大の課題として取組みます。

草刈り三昧

小麦畑の周りを草刈り

 午前中2タンク、夕方2タンクの混合ガソリンを使い尽しました。5時間前後の草刈りをしたことになります。川沿いはゲンジボタルの羽化を間近に控えているので草ぼうぼうのまま放置します。

 小麦を栽培するため水路には取水口からずっと水を引いていません。

小麦の栽培期間に2回草を刈る約束になっています。

草が伸びて電気柵に触れるとアースしてしまってイノシシへの防護機能が失われるのできれいに刈っておかなくてはなりません。

左手の土手は除草剤がまかれて草が枯れた結果、土の保持力が失われた上にイノシシが暴れたので凸凹だらけです。水路にも土手から転げ落ちた人の頭大の石がいくつも落ちています。田んぼの畔や土手に除草剤をまくことは畔や土手がやせる原因になります。

イノシシが暴れたようです。

あと2時間半ほどかけて藤谷いち高くて長いボタ(土手)と田んぼに接する市道の法面の草を刈るとやっと一人前です。

市役所の7階から見る広い田んぼたち、畦も土手も大したことないのが羨ましいです。

中山間地の稲作=田んぼの管理がなされなくなったら景観保護とともに洪水調整機能も失われるということを、街のお米消費者に分かって欲しいです。