関市議会議員 川合治義つれづれのブログpart3

毎日更新中!地域の身近な議員として市民の思いと声なき声を市政に直言。活動報告、日常生活等を記します。TIKTOK等のSNSでも情報発信。関市学校規模適正化計画(案)にも言及。富野小・中学校の消滅危機に地域最大の課題として取組みます。

水張の準備

何とも欺瞞に満ちた施策

 会計検査院の指摘を受け農水省が農家に求めているのが、5年に1度の水張です。簡単に言えば、水田の稲作の代わりに補助金を払って小麦を栽培させてきたのですが、5年に一度はその小麦畑にお米を作れ、さもなくば、5年に一度ひと月間小麦畑に水を張れ、というものです。見え見えのアリバイ作りとしか言いようがありません。

 今日は藤谷の小麦畑に水を張るために、小麦収穫以来草が伸び放題の畑(たんぼ?)の草刈りが行われました。この後水を張って代掻きをし、ひと月間田んぼらしさを装うことになります。その手間と、燃料代、人件費を考えると小麦への転作で受け取る補助金がかなり目減りしてしまいます。

 

 今朝は用事があって朝いちばんに市役所に行ってきました。

朝8時半過ぎですので一般の来庁者の車はほとんど止まっていません。

若草通の向こう側の水田の稲の色がどんどん濃くなっています。やや小麦色の小麦畑だった田んぼはどうなるのでしょうか。

中之保の間吹郵便局の近くに『3匹のヤギ』がいました。

『俺さまがトロールだ!』と威張って見せると寄ってきました。

いつ見てもかわいい子たちです。