関市議会議員 川合治義つれづれのブログpart3

毎日更新中!地域の身近な議員として市民の思いと声なき声を市政に直言。活動報告、日常生活等を記します。TIKTOK等のSNSでも情報発信。関市学校規模適正化計画(案)にも言及。富野小・中学校の消滅危機に地域最大の課題として取組みます。

関音訳の会しおん年次総会

市の補助金なしで47年

 録音がオープンリールのテープだった頃から市内の視覚障がいの方々に関市広報や社会福祉協議会社協だよりなどを音訳して届けてきた伝統ある社会奉仕団体です。

 今日の総会には関市健康福祉部障害福祉課長、関市社会福祉協議会会長と事務局長、関市立図書館長、関市視覚障がい者協会会長を来賓に迎えてご挨拶を頂きました。そのあとの総会も滞りなく済みました。

 議会だよりが年4回の定例会を受けて発行されることになりました。当然しおんが音訳して視覚障がい者の皆さん届けることになります。とりあえず創刊号は「広報せき」を音訳している2つの班のメンバー総がかりで手分けして音訳することになりました。

 仕事や家庭の都合で参加できない会員を除く23人のウグイスさんが集まりました。

 

今日も山に入ると幽霊が出ていました。

雨が降って腐葉土が湿り、暖かくなると出るようです。純白というか透明というか。

青い目をしたユウレイタケは名前と違ってずいぶん可愛らしいです。

 

 

シカの食害ですっかり荒らされた小麦畑はもう収穫は期待できません。

川の中に堆積した土砂にホウチャクソウが咲いていました。

お寺の塔の四隅につるす風鈴(宝鐸-ホウチャク)に形が似ていることから着いた名前だそうです。